当たる!競馬無料予想検討ブログ

当たる!競馬無料予想検討ブログです。重賞レースをデータ分析して検討して毎週1鞍無料公開しております。

MENU

【中山記念レース回顧】中山記念を勝ったネオリアリズムは今年の古馬路線の主役なのか?

いつもブログを閲覧いただきありがとうございます♪

さて、先週は中山記念阪急杯、そしてアーリントンカップが行われました。この3つの重賞レースの中で最も注目されたのがやはり中山記念で、結果は3番人気のネオリアリズムが直線を見事な脚で抜け出して勝ちました。

f:id:gangankeiba:20170301153107j:plain

2着には8番人気のサクラアンプール、3着には7番人気のロゴタイプと言う事で、どちらかというと波乱の決着でしたね。1番人気のアンビシャスは4着で、2番人気のリアルスティールは8着でした。

私の個人的な考えですがアンビシャスは強烈な末脚を武器に全てがハマれば、超G1級の馬ですら捻じ伏せる力をあるはず。まあ、多分ですが…

ただし、いろいろと注文が多い馬で、距離、展開、騎手、馬場、位置取り、仕掛け、調子、相手関係などなど。ビックレースでも勝つ力はあるが、注文が多いので軸にはしにくい馬ですね。

また、大敗したリアルスティールは、ドバイターフを勝っているので力は間違いなくあると思います。ただ、デビュー2戦目でいきなりドゥラメンテに勝ってしまったという事で、必要以上に過大評価されているような気もします。

といっても何故か期待してしまう馬なんですが。

最後に勝ったネオリアリズムについてですが、考えてみたら昨年の札幌記念であのモーリスに勝っているんですよね!かなりムラのある馬ではありますが、まともに走ればこの位の力はあっても全然おかしくありませんね!

いよいよ本格化という事で、今年はかなり期待出来る1頭なのかもしれませんね。

ネオリアリズムの次走が海外なのか、それとも国内(大阪杯?)なのかは正直分かりませんが主役候補の1頭になるかもしれませんね。今年の古馬路線も例年以上に目が離せませんね。

さて、話は変わりますが今週は弥生賞ですね!

毎年この弥生賞が行われる辺りから、私の中のいよいよ感が増大していきます。今週の弥生賞もまずまずのメンバーが揃いそうなので今後のクラシック路線を占い意味でも見逃せない一戦になるそうです。

それでは本日は以上となります。今後ともどうぞよろしくお願いします♪

 

広告を非表示にする