当たる!競馬無料予想検討ブログ

当たる!競馬無料予想検討ブログです。重賞レースをデータ分析して検討して毎週1鞍無料公開しております。

MENU

天皇賞(春)2016予想オッズと出走予定馬 最強ステイヤー決定戦を制するのはどの馬か?

いつもブログを閲覧ありがとうございます。

今回は波乱含みの最強ステイヤー決定戦で古馬の最高峰とも言える天皇賞・春(2016)の予想オッズと出走予定の馬に有力馬についてまとめていきたいと思います。昨年の天皇賞・春は前哨戦となる阪神大賞典で3連覇を果たしたゴールドシップが、そのままの勢いで天皇賞・春を制する事が出来ましたね。

ちなみにゴールドシップ天皇賞・春を3回目の挑戦で制覇する事が出来ました。今年はどのような結果になるのか楽しみな1戦になるそうです。JRAの平地G1の中で最長距離のレースであり、前評判が高い実績馬だけでなく、距離適性の高い伏兵馬にも注目しておくべきだろう。

f:id:gangankeiba:20160421143509j:plain

天皇賞・春2016の予想と個人的考察

今年の天皇賞・春の上位人気はゴールドアクター、キタサンブラック、サウンズオブアースのこの3頭になりそうな気配ですが、すんなりこの3頭だけで決着するなんて事は考えずらいので、波乱もありきでしっかりと分析していきたいとところですね。

この天皇賞・春JRAの平地G1の中では最も距離の長いレースで、前評判や人気が高いだけではなく、長距離に実績があるかどうか?そんな距離適性の高い人気薄の馬にもしっかりとチェックしておきましょう。

天皇賞・春(2016)の予想オッズと出走予定馬

※10番人気まで個人的に予想オッズを考えてみました。

人気 馬名        予想オッズ
01  ゴールドアクター  2.5倍
02  キタサンブラック  3.5倍
03  サウンドオブアース 6.5倍
04  シュヴァルグラン  8.0倍
05  トゥインクル    13.0倍
06  サトノノブレス   15.5倍
07  フェイムゲーム   20.5倍
08  トーホウジャッカル 25.0倍
09  ファントムライト  30.5倍
10  アドマイヤデウス  40.0倍

その他の天皇賞・春に登録している出予定馬

   レーヴミストラル   --倍
   カレンミロティック  --倍
   アルバート      --倍
   トーセンレーヴ    --倍
   タンタアレグリア   --倍
   マイネルメダリスト  --倍
   ファタモルガーナ   --倍
   ヤマニンボワラクテ  --倍

※あくまで個人的な予想オッズになります。

 2016年の天皇賞・春を制する馬はどの馬か…

それでは2016年の天皇賞・春を制覇する可能性のある有力馬を1頭1頭考察していきたいと思います。ここでは基本的には予想オッズで上位人気に支持されそうな馬をご紹介していきたいと思います。それでは早速以下よりご確認下さい。

・ゴールドアクター

f:id:gangankeiba:20160421144234j:plain

多分、今年の天皇賞・春はこのゴールドアクターが1番人気になるのだと思います。ゴールドアクターは昨年の有馬記念を見事な競馬で制覇して、一気にG1馬の仲間入りしました。今年初戦の日経賞も非常に強い内容の競馬で確実に勝ってこの天皇賞・春に駒を進めて来ました。

連勝中という事もありますし、前年のグランプリホースという事で軽視する事なんか絶対に出来ない馬ですが、1つだけ無理矢理に不安材料を探すとすればそれは京都競馬場へのコース適性かもしれません。現在5連勝中で最も最近敗戦が京都競馬場で行われた菊花賞です。

それでも7番人気で3着と決して悪くはありませんの京都コースがダメとは言いませんが、後にも先にも京都競馬場で走ったのはこの菊花賞だけなんです。そういった意味で少し気になるところではありますね。まあ、それからかなり成長してますし、問題はないと個人的には考えますがはたして…。

ゴールドアクターの前走日経賞のレース映像はこちら


日経賞 2016 ゴールドアクター

・キタサンブラック

f:id:gangankeiba:20160421144340j:plain

前走の大阪杯では2着と負けはしましたが、それでもらしさは見せてくれたキタサンブラックが2番人気になるのだろうと勝手に予想しています。昨年の菊花賞馬という事もありますし、有馬記念でも3着と好走してますので長距離では信頼度の高い馬だと思います。それこそ前年の菊花賞馬はデータ的にも外せない1頭な事は間違いありません。

ただし、上位人気になるだろう馬たち、例えばゴールドアクターやサウンズオブアースなどはこのキタサンブラックを見て競馬が出来るのでそういった意味では多少なり不利なのかもしれません。ではありますが、常にマークされてのや3200mという距離なので最後に甘さが出る可能性も十分に考えられますね。

キタサンブラックの前走大阪杯のレース映像はこちら


アンビシャス 大阪杯 G2 2016/04/03 阪神11R 【競馬】

・サウンズオブアース

f:id:gangankeiba:20160421144449j:plain

昨年のグランプリ有馬記念、そして今年初戦の日経賞でゴールドアクターと対戦し、そのどちらも残念ながら2着になってしまったサウンズオブアースですが、今年の天皇賞・春では上位人気(3番人気くらい)での出走になりそうです。また、皐月賞デムーロ騎手が騎乗停止となったことで残念ながら評価を落とさざるを得ません。

とはいえ、実績は十分なので騎手が変わって良い意味で違い部分が出ればもしかしたらもしかする可能性のゼロとは言えません。これまで様々な重賞で2着が6回もありますが、残念ながらなかなか勝ててないのが現状です。実力は申し分ないのでここらへんで覚醒があっても不思議ではないかもしれません。

・シュヴァルグラン

f:id:gangankeiba:20160421144514j:plain

昨年の夏以降に力をつけて連勝して、今年の1月の日経新春杯で2着になりました。前次の阪神大章典ではなかなか強い競馬で重賞初制覇を飾り、本番の天皇賞・春では有力馬の1頭に数えられるまでになりました。

血統的にも魅力的な1頭ですが、ここまでの勝ち鞍は全て55キロまでという斤量で、それ以上となると惨敗しています。今回は初の58キロという事でここが不安な要素の1つですね。とはいえ成長している事は間違いないのであっさりとクリアする可能性もありますが…。

シュヴァルグランの前走阪神大章典のレース映像はこちら


阪神大賞典 2016 シュヴァルグラン

・トーホウジャッカル

f:id:gangankeiba:20160421144633j:plain

2年前の菊花賞ではゴールドアクターとサウンズオブアースを負かしているトーホウジャッカルですが、得意の長距離で復活を虎視眈々と狙っている…と信じています!

2年前の菊花賞でのタイムや勝ち方から今後が非常に期待されたんですが、どこで歯車が狂ったのか最近は凡走続きとなってます。能力は間違いなくあると思うのですがどうでしょうか?

・ファントムライト

f:id:gangankeiba:20160421144655j:plain

この馬は個人的に天皇賞・春で狙いたい馬の1頭で、この5戦は重賞(G3)やオープン特別の2000mを中心に使われています。結果は2着、3着とまだ重賞を制覇していませんが、父オペラハウス、母父サンデーサイレンスという事も考慮するとこの天皇賞・春という大舞台でその素質が開花しても不思議ではありません。個人的に大いに期待したい1頭です。

とここまで2016年の天皇賞・春を制覇する可能性のありそうな馬、または天皇賞・春に出走してきそうな馬を個人的に1頭1頭考察してみました。参考になれば幸いでございます!

また、天皇賞(春)データ分析を以下にまとめておきましたのでご覧下さい。

gangankeiba.hatenablog.com

追伸;

当メルマガでは毎週重賞レース1鞍を無料公開中です!勿論、ハイレベルと言われ予想がなかなか難解な皐月賞日本ダービーも当メルマガにて予想を無料公開しちゃいます!

京都記念でサトノクラウンを本命にしたり、ダイヤモンドステークスではトゥインクルを本命にしり、大阪杯では4番人気キタサンブラックをド本命にしたり、読者の皆さまからも感謝のお礼のメールが多数届いております!

完全無料ですし、毎週注目の重賞レース1鞍を完全無料で公開しておりますので興味のある方は以下の無料メルマガからご登録下さい!※解除の簡単にOKですのでまずはお気軽にご登録を!⇒ http://keiba.tv/m005931

 本日は以上になります。今後ともどうぞ宜しくお願いします♪

 

広告を非表示にする